プライベートスクールシナプス株式会社 セミナー事業部Synapse

メニューボタン

講師からのごあいさつ Lecturer greetings

講師からのごあいさつ Lecturer greetings

section border

section border

代表兼講師 水谷香織

代表兼講師 ビジョンクリエイトコーチング
アソシエイトコーチ水谷香織

これまでの経歴

  • H10年に学習塾開業。
  • H22年に名古屋で結婚支援グループ「セレンディピティ」設立。
  • H23年に岐阜で結婚支援グループ「ライフダイナミッククラブ」設立。
  • H24年39歳で結婚。
  • H25年40歳で長女出産。
  • H26年中小企業基盤整備機構による
    「小規模事業者に対する売上拡大支援手法」調査研究対象として10180社中10社に選ばれる。
  • H27年自身の経験、資格を踏まえ、より多くの方に幸せを実感して、
    人生を生きていただきたいと思い結婚につなげるセルフディベロップメントセミナー事業を開始。

1998年に、私はこの結婚につなげる人材教育事業の前進となる学習塾シナプスを開業いたしました。

当社の出発点は、「ほぼ3年間にわたる中学不登校生徒」からでした。
当社は彼女を県立全日制高校の合格へと導きました。
彼女は、その後においても高校首席卒業、大学進学、地元大手企業就職、と、立派に彼女自身で人生を切り拓いていきました。
その彼女の結婚式に招いて頂けた嬉しさは今でも心に残っています。

その後も数々の生徒や親御さんのお悩みと対峙。
その都度、当社の持てる全てを注ぎ、悔し涙をうれし涙に変えることができる「相手に寄り添った教育」を行う学習塾として成長してきました。

しかし、「悩み」を抱えるのは、生徒や親御さんだけではありませんでした。
代表である私自身の人生も並行して、長年の「婚活」は「悩みの連続」でした。
30代前半に出会った人とは「両者の意見が合わず」、30代中盤で出会った人とは「親の意見が合わず」結婚には結びつきませんでした。

そうした経験の中で一番私を悩ませたのは「自分に自信が持てない」ことでした。
その悩みを周りに打ち明けると「そんな風に見えない」との声。
鎧をかぶった自分が周囲の目にうつり、その鎧がますます私を追い込んで行きました。

それでも婚活をしている中で、この悩みは「私だけの悩みではない」ことに気付きました。

そこで、どうせなら皆と一緒に悩みを解決していこうと思い、
婚活者のためになることをしよう、と、名古屋・岐阜でグループを作り、婚活支援活動を始めました。
その活動を通して、「婚活は私だけの悩みではない」という思いは確信に至りました。

婚活の悩みの解決策を模索する中で私は、「コーチング」に出会いました。コーチングというスキルは、「自分に自信が持てない」ことを克服するのに最適でした。コーチングを学習する中で得られた仲間。そして仲間からの承認それらすべてによって、自分が持っていたものに改めて気づくことができ、私は人生で初めて、心からの充足感を得ました。

この変革により私は、「鎧を脱ぎ」、ありのままの自分を素直に受け入れる心と、私の強みであります「戦略性」と、これまでの経験から生み出した独自の思考であります「選択眼」を持って、30代最後の婚活に、再度取り組みました。その結果、3回会っただけで今の主人との結婚を決め、「親の意見が合って」出会いから3カ月後に結納となりました。そこで思わず出たその時の私の言葉、「私といたら幸せになりますよ」。

この言葉を出発点とし、婚活者の掘り起こしと継続的支援をして、日本に活力を与えるべく、私の学習塾での経験、婚活経験、そして、コーチングの資格を踏まえ、このたび結婚支援を結婚につなげる人材教育事業として事業化することになりました。

当社は「意識改革=自己肯定感、選択眼を身につける」のためのセルフディベロップメントセミナー、企業間マッチング、アフターフォロー(個別指導、お引き合わせ)によって、結婚へと導きます。

結婚に向けての教育とは、自己肯定感を育み、自身の中にある「言葉」を生み出す作業です。選択眼を身につけ養うことは、人やモノの本質を見抜き、切り捨てではなく自分の価値観と揃えていけるか、また相手の足りない部分を見抜いて補ってあげることができる眼を持つことです。この「言葉」というのは、その人の内面から出てくるものであり、この内面がしっかりと確立されていなければ、人を惹きつける「言葉」は出てきません。また、この「眼」というのは、たとえば若い学生が高級車に乗っていてもあまり格好の良いものではなく、中に乗る人とその車の価値が合って初めて格好が良いものとなるはずで、自分とその周りにある人とモノが自分に合っているかどうか、それを「選ぶ眼」を持つということです。

自分に自信が持てない私のままだったら、きっと、内にある想いも言葉にできず、主人と3回会っただけで生涯の伴侶と選び取り、結婚に至るということはなかったでしょう。

仕事に向けての教育も、これと同じなのです。
いくら飛び込み営業しても、いくらコミュニケーションスキルを磨いても、自身の中にある「言葉」がなくては、成約にはつながらないでしょう。その他大勢の営業マンと変わらないからです。
その人自身の思考、人間性、これまでの人生から掘り起こされ、表面にあらわれた「言葉」こそが人の心を揺り動かし、成約へと結びつくのです。

人は下を見ればおのずと堕落してしまうものです。逆に背伸びしすぎてもうまくいきません。
仕事上、プライベートでの人間関係においても「身の丈」に合ったもの、自分を成長させていくものを「自ら」選択していくことで、素の自分を理解していくことになり、謙虚に学びあい、補いあいながら生きていくことができるのです。

結婚に向けての教育で掘り起こした「言葉」と「眼」があれば、必ずその「言葉」と「眼」は仕事の成果にも結び付きます。では、どのようにしてこの「言葉」と「眼」を生み出し、身につけるかというと、それが、「意識改革」なのです。

当社が行う意識改革は「こころの改革」です。
心からの意識改革によって社員様は、企業様の意思を素直に受け入れるようになり、また、自己肯定感を持って仕事に取り組むことができ、さらには選択の眼を持つと向上心が生まれ、それはすなわち、会社全体の生産性の向上へとつながります。このことは企業価値を高めることになります。

社員様が幸せになり、子を産み育て、日本の人口を維持していくという婚活支援を企業様がなさるということは、短期的には、社員様の幸せを支援してくれる企業様への愛社精神の向上による定着率の向上、中長期的には、人口維持によることの貴社事業の永続的発展につながります。

当社は、セルフディベロップメントセミナーを通して「こころの改革」という人間性向上の種まきをし、結婚による幸せの成就、さらなる人間教育のすべてをつなげて社会に貢献することを目指しています。

代表兼講師 水谷香織

代表兼講師 水谷香織

これまでの経歴

  • H10年に学習塾開業。
  • H22年に名古屋で結婚支援グループ「セレンディピティ」設立。
  • H23年に岐阜で結婚支援グループ「ライフダイナミッククラブ」設立。
  • H24年39歳で結婚。
  • H25年40歳で長女出産。
  • H26年中小企業基盤整備機構による
    「小規模事業者に対する売上拡大支援手法」調査研究対象として10180社中10社に選ばれる。
  • H27年自身の経験、資格を踏まえ、より多くの方に幸せを実感して、
    人生を生きていただきたいと思い結婚につなげるセルフディベロップメントセミナー事業を開始。

お電話でのお問い合わせ

TEL:0584-84-8600

メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

トップに戻る